管工事・水道施設工事・消防施設工事・土木一式工事・貯水槽清掃

尊敬している
大先輩の背中を
追いかける毎日です。

2017年入社 サービス課 福元 優希
中央工業を志望した理由は?

高校時代は動画制作の勉強をしていたのですが、次第に体を動かす仕事をしたいと思うようになりました。友人の親が水道の仕事をしていたこともあり、ライフラインの仕事に興味を持ったんです。「電気、ガス、水道の中だったら、配管が一番楽しそう」と思って中央工業を志望しました。パイプとか道具とか、なんか楽しそうって思ったんですよね(笑)
現在は個人宅で水回りの修理などを担当しています。24時間対応なので、1ヶ月で6日ほど夜勤があります。あとは時々、コンクリートを壊して手で穴を掘っていく作業があるのですが、これが大好きなんです!1メートル以上掘るのですが、楽しくて仕方がないです。

会社の雰囲気は?
20代が多いので話がしやすく仲がいいです。会社の外でも会ったり、引越しの手伝いをしたりしています。水道サービス課の中では私が最年少なのですが、76歳の大先輩がいるんです。「つるさん」って呼ばれていて、年の差は55歳もあるのですが、仕事のことはもちろんプライベートのことまで色々と話します。 つるさんって本当にすごいですよ。お客様から「あんなにいい人は見たことない」と言われていますし、4、5階であれば平気で階段を上がっていきます。人間的にとてもカッコよくて、私もつるさんみたいな人間になりたいです。心から尊敬できる大先輩が社内にいるって、幸せなことですよね。
中央工業を受ける人にメッセージを。

ひたすら続けることが大切だと思います。私も1年目は分からないことだらけで苦労しました。時間のロスも多かったですし。でも今は一人でお客様のお宅を回りながら、段取りよく進められるようになりました。
水回りの部品って家によって様々なんです。世の中には出回っていないものや廃盤になっているものもあります。「先輩も知らないのに自分だけが知っていること」が増えると、仕事は楽しくなりますよ。先輩よりも早くうまくなりたい、負けたくないという気持ちで日々業務にあたっています。

Shopping Basket